乾燥肌の人ほどお風呂に浸かるべき

お風呂

乾燥が酷い時期のお風呂って、意外と辛いですよね。
お風呂上りすぐにローションやクリームをつけたとしても、どうもまだ突っ張るような気がするな…ということもあって、シャワーで済ませた方がいいんじゃないかと思うこともあるかもしれません。

でも、乾燥している時ほど、ゆっくりお風呂に浸かったほうがいいんです。
体が芯から温まって、深い眠りにつけます。質の良い睡眠を取るということは、肌にとっても良いことです。

お風呂につかると、ストレスも和らぐと言われています。美肌を育てるためにはストレスは大敵。
1日の疲れと共にストレスも解消出来るので、お肌にとっても良いですよね。

毛穴が開いてその後のスキンケアの浸透も良くなりますし、エアコンなどで乱れがちな自律神経も正されます。

お風呂上りの乾燥が気になる人は、お湯にボディオイルを入れてみてください。
それだけでも湯上りの肌状態は変わってくると思います。

そして、ぬるいお湯にすること。
温度が高すぎると乾燥状態が悪化します。長く入りすぎるのもダメです。肌にとって大事な皮脂などが流れてしまいます。
15分ほどにしてください。

身体も顔も、洗う時にこすらないように、泡で洗うような気持ちで。
ゴシゴシすると洗った実感が得られて気持ちがいいと思うかもしれませんが、そんなにこすらなくても汚れはきれいに落とせます。乾燥している肌は傷つきやすいので注意してください。

肌を乾燥させるようなことを避けるように心がけていれば、少しずつ潤いのある肌は戻ってきます。

入浴時間を楽しんでくださいね。アロマを入れるのもリラックス効果が高まるのでオススメです。

もちろん、お風呂上り5分以内にしっかり保湿をするようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする